NBA選手名鑑

選手名鑑Vol.30 ゴードンヘイワード

こんにちは。

めろ助です。

今回は選手名鑑Vol.30 ゴードンヘイワード について紹介します。

ゴードンヘイワードってどんな選手?全盛期はどれくらい凄かった?どんな得意技だったっけ?と考えるあなたへ、こういった疑問を解決する[メロちゃんねる]をお届けいたします。

選手登録の画像はこちらです。

(参照)https://www.2kratings.com/nba2k19/gordon-hayward

・名前 Gordon Hayward

・所属チーム ユタ・ジャズ→ボストン・セルティックス

・背番号 20

・バッシュのスポンサー Anta

・ツイッター @gordonhayward

・インスタ @gordonhayward

・知名度 A

・NBA2K-rating 80(最新情報はこちらのリンク)

・キャリア平均スタッツ

得点 15.1 アシスト 3.4 リバウンド 4.2 スティール 1.0 ブロック 0.4

 

・1990年3月23日アメリカ生まれ、203センチ、102キロ

・学歴 バトラー大学中退

・ドラフト2010年1巡目9位 実績は以下(Wikipedia参照)

 

・プレイスタイル

…全盛期を過ぎた元スターのスモールフォワードです。

スピードはそこまでないけれど、巧みなフットワークによるフィジカルで、安定感のあるショットを量産します。

ペリメーターでのクイックネスは素晴らしいです。

彼の一番の技術は、ドライブからフィニッシュに持ち込む際に、身体を低くして、ペイントエリアでのスペースを生み出す能力があります。

 

・参考動画

キャリアハイライト

上手さの解説動画

 

ゴードンヘイワードの魅力を少しでも伝えることが出来たでしょうか。

ここで一言。

ゴードンヘイワードは、ボストン・セルティックスに移籍し、カイリーアービングとアルホーフォードとのビッグスリーを結成した2017-2018シーズン開幕にて結成しました。

しかし、非常に残念なことに移籍後のシーズン1試合目で大けがを患いました。

そして現在は復帰していますが、2016-2017シーズンのジャズ時代と比べてしまうと、どうしても衰えが見えます。(かつて2Kのratingが88でした)

チームでの役割が変わったこと以上に、ケガによって自信が失われてしまったのでしょう。

復活する日は来るのか今後に注目です。

その暁には、ボストン・セルティックスがイーストを制覇するのでは?

 

この記事を読んでくださった方がNBAに興味を持ったり、もっとNBAを好きになってくれたら、私はこの上なく嬉しいです。

今後も選手名鑑をどんどん更新予定です。

では。

ABOUT ME
めろ助
永遠のバスケ少年、21歳です。NBAを長年好きな人でも、NBAを全く知らない人でも楽しめる選手名鑑を作ります。何か意見があれば、バシバシ連絡を!ツイッターやブログ内のコメントでお願いします。