NBA選手名鑑

選手名鑑Vol.46 アンドリューボーガット

こんにちは。

めろ助です。

今回は選手名鑑Vol.46 アンドリューボーガット について紹介します。

アンドリューボーガットってどんな選手?全盛期はどれくらい凄かった?どんな得意技だったっけ?と考えるあなたへ、こういった疑問を解決する[メロちゃんねる]をお届けいたします。

初めに、簡単にアンドリューボーガットを一言で紹介すると、

ウォリアーズ専用、裏方特化型センターです。

次に、アンドリューボーガットについて、本サイト独自のメロ値を測定しました。

選手登録の画像はこちらです。

https://www.2kratings.com/nba2k19/andrew-bogut

 

ここからは経歴とプレイスタイルについて紹介します。

・名前 Andrew Bogut

・ポジション センター

・所属チーム

2005–2012 ミルウォーキー・バックス
2012–2016 ゴールデンステイト・ウォリアーズ
2016–2017 ダラス・マーベリックス
2017 クリーブランド・キャバリアーズ
2017–2018 ロサンゼルス・レイカーズ
2019–現在 ゴールデンステイト・ウォリアーズ

・背番号 66

・バッシュのスポンサー NIKE

・ツイッター @andrewbogut

・インスタ @andrewbogut(存在しているだけで、現在使用されていません)

・知名度 B

・NBA2K-rating 74(最新情報はこちらのリンク)

・キャリア平均スタッツ

得点9.6 アシスト2.2 リバウンド8.7 スティール0.6 ブロック1.5

 

・1984年月日オーストラリア生まれ、213センチ、118キロ

・学歴 ユタ大学中退

・ドラフト2005年1巡目1位 実績は以下(Wikipedia参照)

 

・プレイスタイル

…ディフェンスで特に存在感を発揮するセンターです。

オフェンス時には主力選手のためスクリーンに動き、ペイントエリアのスペースを空けます。

ディフェンス時にはリング下の番人となり、相手の侵入を防ぎます。

・参考動画

キャリアハイライト


上手さの解説動画

アンドリューボーガットの魅力を少しでも伝えることが出来たでしょうか。

ここで一つ小言を。

アンドリューボーガットは、若いころからキャリア終盤まで、非常にケガに悩まされるプレイヤーでした。

しかし、ゴールデンステイト・ウォリアーズにて様々な成績を打ち立てました。

2014-2015シーズンにはチャンピオンシップ、2015-2016レギュラーシーズンには73勝というNBA最多勝利を支えることが出来ました。

今年のアンドリューボーガットは、ゴールデンステイト・ウォリアーズを補強するためにオーストラリアから帰ってきました。

どうなるのか楽しみなプレイオフです。

 

この記事を読んでくださった方がNBAに興味を持ったり、もっとNBAを好きになってくれたら、私はこの上なく嬉しいです。

今後も選手名鑑をどんどん更新予定です。

では。

ABOUT ME
めろ助
永遠のバスケ少年、21歳です。NBAを長年好きな人でも、NBAを全く知らない人でも楽しめる選手名鑑を作ります。何か意見があれば、バシバシ連絡を!ツイッターやブログ内のコメントでお願いします。