NBA選手名鑑

NBA選手名鑑Vol.86 スティーブン・アダムス

こんにちは。

めろ助です。

今回はNBA選手名鑑Vol.86 スティーブン・アダムス について紹介します。

スティーブン・アダムスってどんな選手?全盛期はどれくらい凄かった?どんな得意技だったっけ?と考えるあなたへ、こういった疑問を解決する[メロちゃんねる]をお届けいたします。

 

スティーブンアダムスを一言で説明すると、昔ながらのセンター*です。

(*などのバスケ用語はこちらのページを参照)

当サイト独自の指標であるメロ値での分析。

 

こちらが選手登録の画像です。

 選手登録の画像

https://www.2kratings.com/nba2k19/steven-adams

経歴とプレイスタイルについて紹介します。

名前 Steven Adams

ポジション センター

給料 年俸約27億円

所属チーム オクラホマシティ・サンダー

背番号 12

バッシュのスポンサー Adidas

ツイッター @RealStevenAdams

インスタ @stevenadams

知名度 B

NBA2K-rating 84(最新情報はこちらのリンク)

キャリア平均スタッツ

得点9.7 アシスト1.0 リバウンド7.4 スティール0.9 ブロック1.0

1993720ニュージーランド生まれ

身長213センチ、体重120キロ

学歴 ピッツバーグ大学中退

ドラフト20131巡目12

プレイスタイル

基本、オフェンス時はチームのエースにサポートすることをメインとしています。

スティーブンアダムスのピックアンドロールからダンクは見応えがあります。

ディフェンス時には、ペイントエリアで存在感を示しています。

参考動画

キャリアハイライト

https://youtu.be/tn__lgDncxM

成長のわかる動画

https://youtu.be/X-fHEPhUDGM
 

スティーブンアダムスの魅力を少しでも伝えることが出来たでしょうか。

雑談

 スティーブンアダムスは、リバウンドの少ないセンターに思われがちですが、それはラッセルウエストブルックを最大限に活かす戦略です。

ラッセルウエストブルックが直接ディフェンスリバウンドを取る方が、よりトランジションが早くなるようです。

スティーブンアダムスはセンターの割に、リバウンドのスタッツが低いのは、こういった事情があるんです。

試合中のアダムスの役割に注目です。

この記事を読んでくださった方がNBAに興味を持ったり、もっとNBAを好きになってくれたら、私はこの上なく嬉しいです。

今後も選手名鑑をどんどん更新予定です。

では。

ABOUT ME
めろ助
永遠のバスケ少年、21歳です。NBAを長年好きな人でも、NBAを全く知らない人でも楽しめる選手名鑑を作ります。何か意見があれば、バシバシ連絡を!ツイッターやブログ内のコメントでお願いします。