NBA選手名鑑

NBA選手名鑑Vol.2 レブロンジェームス

こんにちは。

めろ助です。

今回はNBA選手名鑑Vol.2 レブロンジェームス です。

レブロンジェームスってどんな選手?全盛期はどれくらい凄かった?どんなプレイスタイルだったっけ?と考えるあなたへ、[メロちゃんねる]をお届けいたします。

レブロンジェームスを一言で表すと、NBA最強の何でも屋です

得点ならマイケルジョーダン、インサイドでの支配力ならシャキールオニール、パスならマジックジョンソン、何でも屋こと、オールラウンダーならレブロンジェームスでしょう。

2019-2020シーズンでは、高校時代ぶりのスタメン時のポイントガードを務めました。

シーズンでの平均アシスト数はリーグトップで素晴らしいですね。

次に、

当サイト独自のメロ値

こうとしか表せないですね。

弱点があるとすれば、若くない年齢ですかね笑

選手登録の画像はこちらです。

経歴や成績を紹介します

名前 LeBron James

愛称 レブロン、キング

給料 年俸約38億円

ツイッター @KingJames

インスタ @kingjames

知名度 SS

NBA2K-rating 96(最新情報はこちらのリンクへ)

1984年11月30日アメリカ生まれ、203センチ、113キロ

チーム遍歴

2003–2010 クリーブランド・キャバリアーズ
2010–2014 マイアミ・ヒート
2014–2018 クリーブランド・キャバリアーズ
2018–現在 ロサンゼルス・レイカーズ

背番号 23

学歴 高卒

ドラフト2003年1巡目1位

実績は以下(Wikipedia参照)

プレイスタイル

…オールラウンダー。

ドラフトされたとき、マジックジョンソンとマイケルジョーダンを足して2で割った選手と呼ばれていいました。

つまり、パスがめちゃくちゃ上手くて、得点もいつでも獲れるスーパースターとしてドラフトされたっていうことです。

※マジックジョンソンとは、NBA史上最高のポイントガード。今後紹介予定。

参考動画

キャリアハイライト

 

上手さの解説動画

 

まとめるとこんな感じですかね。

雑談

ちなみに、2003年ドラフト組のスーパースターは互いにライバルであり、親友同士でもあります。だから、クリスボッシュとドウェインウェイドと結集して、ヒートに移籍した過去もあるんです。

最後に、私がレブロンを好きになったエピソードを語らせてください。

ヒート移籍後、一年目はもとからヒートにいたウェイドが1stオプションだったのは、レブロンがウェイドを選手として自分以上に尊敬していたから、という謙虚さも兼ね備えています。キングと呼ばれているから、エゴも凄そうに思っていましたが(偏見)、この話をどこかで聞いて、アンチレブロンをやめました(笑)

他にも、息子はすでにプロ注目選手として知られています。レブロンのSNSでたまに観戦できるので、要チェックですね。

最後に

この記事を読んでくださった方がNBAに興味を持ったり、もっとNBAを好きになってくれたら私は嬉しいです。

今後も選手名鑑をどんどん更新予定です。

では。

上記ロゴから、NBA試合観戦の登録は簡単!

ABOUT ME
めろ助
永遠のバスケ少年、21歳です。NBAを長年好きな人でも、NBAを全く知らない人でも楽しめる選手名鑑を作ります。何か意見があれば、バシバシ連絡を!ツイッターやブログ内のコメントでお願いします。